インフルエンザの予防接種はいつ打つのが効果的?タイミングはある?


毎年10月からインフルエンザの予防接種が始まりますね。
実は3か月程度しか効果がないというワクチン。
いつ予防接種を受けるのが一番効果的?
免疫がつくまでの期間や予防接種の
タイミングを紹介します。
今年はワクチンが一斉値上げをして、各病院でも
予防接種の値上げをしています。
効果的に予防接種をしましょう。

スポンサードリンク

 ■インフルエンザとは? 

 インフルエンザとは、インフルエンザウイルス
 による呼吸器の感染症です。

 インフルエンザの症状として知られている
 のは、

 ・38℃を越える高熱
 ・寒気と震え
 ・関節痛・筋肉痛のような痛み
 ・咳や喉の痛み
 ・頭痛
 ・嘔吐・吐き気
 ・下痢

 
 があげられます。
  風邪と比べても全身症状が強く、高熱に
 なるのでとても辛い病気です。

 感染力がとても強いので、幼稚園や小学校
 などで大流行してしまい、家族にも感染
 してしまったりします。

 毎年、1月から2月頃がピークとなります。
 
 

 ■ワクチンが今年から一斉値上げ! 

 実は今年からインフルエンザのワクチンが
  国内メーカー4社が一斉に1.5倍値上げを
 しています。

 インフルエンザのワクチンは保険適用外の
 為、価格が自由に設定出来ることが認められて
 いるんです。
 
 値上げの要因としては、ワクチンに含まれる抗原
 を3種から4種へ増やした為と言われています。

 我が家もいつも摂取している病院へ確認した
 ところ、やはり値上げをしていました。

 高いところだと1回4000円に値上がり
 しているところもあるそう。

 家族で摂取するにはちょっと高額ですよね。

 

スポンサードリンク

 ■いつ打つ?効果的なタイミング 

 毎年12月位から流行りはじめ蔓延します。
 そして、2月頃にピークを迎えると言われて
 います。

 ワクチンは摂取してから免疫がつくのに1ヶ月
 弱かかります。

 そして小児の場合は2回摂取することを勧めて
 いますね。

 インフルエンザワクチンの免疫は3カ月程度
 しかもたないと言われています。

 大体の病院では、インフルエンザの予防接種は
 、10月から開始していますが、
 
 私が医師から勧められた摂取のタイミングは、

  11月下旬に摂取して、2回目を12月下旬に
 摂取するというものです。

 個人的には、早めに対策をしたいと思い
 毎年、11月の中旬に体調を見て摂取しています。

 このタイミングですと、ちょうど流行のピーク
 を避けられているのか、子供達はまだインフル
 エンザにはかかったことはありません。

 開始された10月上旬だとピークを迎える時期に
 ちょうど効果がなくなってしまう可能性も
 考えられます。

 予防摂取をするには体調がよくないと受けれない
 ので、あまりタイミングを待ってしまって
 風邪を引いてしまった! なんてことのないように
 気を付けたいですね。

 

 ■まとめ 

 インフルエンザワクチンは摂取したから
 感染しない、というものではなく、

 免疫力をあげてかかりにくくすることや
 かかっても重症化を防ぐためのワクチン
 となっています。

 重症化するとインフルエンザ脳症になって
 最悪死に至るケースも。
 
 うがいや手洗いなどの対策も忘れずに感染を
 防ぎましょうね。
 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。