チョコレートを毎日食べるとコレステロールに変化が!一日の摂取量は?


【主治医が見つかる診療所】でも紹介!
チョコレートで善玉コレステロール値が
アップするって本当?
動脈硬化や血圧にもよいという
チョコレートはどんな種類が効果的?
適切な一日の摂取量はどのくらい?
美味しく食べて血液を改善しましょう!

スポンサードリンク

 ■善玉コレステロール(LDH)って? 

 善玉コレステロールとは、血中にある余計な
 コレステロールを回収したものなんです。
 この働きは、動脈硬化の予防に繋がります。

 対象の働きをするのが、
 悪玉コレステロール(HDH)なんです。

 善玉コレステロールは血中にとどまろうと
 するので、動脈硬化が
 促進されてしまいます。

  善玉コレステロールを増やすことが 
 大切なんですが、
 実はチョコレートにその効果があるん
 です!

 
  

 ■どんなチョコレートの種類がいいの? 

 最近では、低カロリーでポリフェノールが
 多く含まれているチョコレートも
 販売していますね。

 甘いミルクチョコレートではなく、
 ダークチョコレートのようなものや、
 高カカオチョコレートと言われるものが
 おすすめです。

 
 最初は72%くらいが食べやすくておすすめ!
 高カカオが苦くて食べにくいという
 方は、ダークチョコレートを
 試してみるといいかもしれませんね。

 高カカオより、少し食べやすい
 と思いますよ。

 
 

 ■どのくらいの摂取量で効果があるの? 

 1日に25g程度で効果があります。

 普通の一般的な板チョコの大きさが
 約50g程度あります。

 私がいつも食べているのは、
 明治のブラックチョコレート。

 よくスーパーやコンビニでも見かける
 板チョコですが、ちょうどこの板チョコ
 は50グラムになります。

 だいたい板チョコの半分と覚えて
 おくと忘れないでいいですね。
 
 
 

スポンサードリンク

 ■その他のチョコレート効果! 

 実は、チョコレートは他にも
 すごい効果があるんです!

 それは、チョコレートに多く含まれる
 カカオポリフェノールによって、

 血圧を下げる効果も期待出来るんですよ。

 高血圧の方にも効果がありそうですね。

 他にも、カカオポリフェノールの効果は、

 ・活性酸素を抑える

 ・生活習慣病に有効

 ・動脈硬化

 ・ストレスの抑制効果

 ・更年期障害

 ・老化防止

 ・認知症予防

 ・ガンの予防

 ・アレルギーを抑える

 こんなにすごい効果があるんです!
 家族皆で食べられるので、チョコレート
 を食べる習慣をつけておくといいですね。

 

 ■まとめ 

 
 コレステロールが気になる方には、
 トクホの豆乳も飲みやすくて
 おすすめですよ。



 いいことばかりのチョコレートですが、
 食べ過ぎると落とし穴が!

 チョコレートには良い成分もたくさん
 含まれていますが、
  脂質も多く含まれています。

 板チョコ1枚 約50グラムで
 カロリーは270Kcal程度と言われています。

 チョコレートに含まれる脂質は
 良質なもので、不飽和脂肪酸の
 オレイン酸やステアリンと言われる成分が中心
 となっています。

 太りにくい脂質とは言われていますが、
 取り過ぎると、脂質過多になったりする
 原因にもなります。
 
 そして、 高カカオチョコレートには、
 カフェインも多く含まれています。

 たくさん食べれな効果が現れるという
 わけではないので、
 摂取量の目安を守って摂るといいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。