メタボを防ぐ海藻アカモクとは?栄養素をわかめと比較!食べ方は?


海の納豆と呼ばれるアカモクには
メタボを改善したり
もの凄い効果があるんです!
一体、アカモクってどんな海藻なの?
他にも期待できる効果とは?
栄養素をわかめと比較!
基本的な食べ方も紹介します。

スポンサードリンク

 ■アカモクとは? 

一般的にアカモクと呼ばれている
海藻ですが、
地方によっては違う名称で呼ばれています。

例えば、

良く食べられてなじみ深い食材の
飽きたでは、『キバサ』。

新潟県では、『ナガモ(長藻)』。

山形県では、『ギンバソウ(銀葉藻)』と
呼ばれています。

アカモクと聞いてピンと来ない人も
もしかしたらこの名称では
知っている人も多いかもしれませんね。

東北地方では、とても身近な食材で
昔から食べられています。

わかめやひじきの仲間で
一年生の植物なんですよ。

 

 ■どんな効果があるの? 

アカモクが注目されるのは
その栄養素!

【フコイダン】

フコイダンは、海藻のネバネバ成分に多く
含まれる食物繊維です。

その効果や効能は

●ガンの予防

●血圧上昇を抑える

●免疫力を高める

●抗アレルギー効果

●ピロリ菌に有効

●生活習慣病の予防

●抗菌作用

●コレステロール値の低下

●アレルギーを抑える

●抗ウイルス効果

こんなに色々な効果があるんです!
フコダインって凄い栄養素ですね!

 

【フコキサンチン】

カルテロイドの一種で、
とても 抗酸化力が強いことで
知られています。

その効能は、

●メタボなどの肥満予防

●糖尿病予防

●老化防止効果

●免疫効果

●生活習慣病の予防

などが期待されます。

強い抗酸化力で活性酸素が増えるのを
抑えたりする役目もあり、
動脈硬化や、脳卒中、心筋梗塞の予防に
も効果が期待できます。

フコキサンチンは、
脂肪組織の脂質を溜め込む働きの
ある白色細胞組織に有効で、
余分な白色脂肪を、熱に変換する働きが
ある
と言われています。

肥満やメタボに予防にも
効果的なんですよ!

 

スポンサードリンク

 ■アカモクの栄養素って? 

気になるカロリーは
海藻なので、0カロリー!
ノンカロリーは嬉しいですよね。

なのに、とても栄養素が豊富に
含まれています!

わかめに比べると

カルシウムは約1.2倍

カリウムはは1.6倍

亜鉛は6.3倍

鉄分は5倍!

わかめよりもとても
栄養価が高く
特に鉄分が多いのは女性には
嬉しいですよね!

 

 ■旬や食べ方は? 

アカモクの旬は
4月から5月と言われていて、
この時期が一番成熟しています。

美味しい食べ方は、

軽く湯通しして、包丁で細かく
叩いてネバネバさせたものを
料理にトッピングして食べるのが
一般的です。

イメージは、めかぶのような
感じですが、
叩けば叩くほどネバネバしてきて
納豆よりも粘り気が強くて
シャキシャキとした歯ごたえが
美味しいんですよ!

健康に良いとされる食材は
苦味があったり食べにくいものも
ありますが、アカモクは
わかめなどが好きな人は
とても食べやすい食材です。

フコキサンチン豊富なアカモクを飲みやすい粒にしたサプリメントアカモクの粒食品 (GRATSUYA)
もあります。
サプリなら忙しくても
手軽に続けられますね!

 

 ■まとめ 

アカモクは海藻なのに、
色々な効果や効能があり、
積極的に摂取したいですね。

メタボや老化防止、抗ウイルス効果も
あるので、家族皆食べると
いいですね。

ウイルスが流行り時期は特に
対策として、続けて食べると
いいですね。

他にもマヌカハニーについて
紹介しています。
⇒マヌカハニーの抗菌力効果とは?摂取量目安も紹介!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。