加湿器の頑固な水垢の取り方って?クエン酸で簡単お掃除!量は?


冬場はお肌も部屋も乾燥しがちに
なりますよね。
加湿器を使って乾燥対策している
方も多いとおもいます。

加湿器を使っているととても
気になるのが白い塊になって
なかなか落ちない水垢・・・。

確実に落とすにはどうしたらいい?

加湿器の水垢の落とし方を
紹介します。

水周りでも応用出来るので
覚えておくと便利ですよ!

スポンサードリンク

 ■白い塊の正体は? 

加湿器にこびりついてなかなか
取れないこの白い塊。

一体なんなの?

これは水道水などの水に含まれる
ミネラル成分によるもの
なんです!!

一度付くとこびりついて
なかなか取れなくなります。

放置しているとどんどん取れなく
なるので、早めに対策しましょうね!

よく カルキが原因なのでは?

と思う方も多いようですが、
実はカルキはこの白い塊の
原因ではないようなんです!

カルキというのは、
塩素を含んだ石灰のことなんです。

ポットなどの機能として付いている
【カルキを抜く】というのは、
水を殺菌して残っている
塩素を蒸発させて臭いを取って
いるんですよ!

水垢の本当の原因は
水道水のミネラル(カルシウム)
が付着してしまっている状態
です。

では、この水垢は
どうしたらキレイに落とすことが
できるのでしょうか?

 

 ■水垢の取り方! 

お掃除によく使われる
クエン酸というのはご存じの方も
多いと思います。

はこのクエン酸が
水垢を落とすのに大活躍
してくれるん
ですよ!

では早速紹介します!

①クエン酸をお湯で溶かします。

 分量は1Lに対して大さじ2杯(30g程度)
 が目安です。

 お湯は出来れば熱いものが
 落ちやすいですが、40℃くらいの
 お湯でも大丈夫です。

②加湿器の水垢が付いてる部品を
 ①に浸けます。

③放置時間は3時間以上。
 出来れば一晩(8時間程度)
 浸けたままだと落ちやすいです。

④時間が過ぎたら水でキレイに
 洗い流します。
 この段階では、水垢がキレイを
 キレイに落としきることは
 難しいですが、ちょっとこすると
 以前より簡単に落とすことが
 できるので、擦ったり素材を傷つけ
 ないように剥がしてみてくださいね。

何度か繰り返すとより落としやすく
なりますよ!
しつこい汚れにはちょっと濃いめの
濃度にしてみてくださいね。

クエン酸が家にない!
という方は、
キッチンにある、レモンや酢でも
代用が可能です。

ただ、レモンは絞り汁がたくさん必要に
なりこと、

酢は浸けこみの際や、洗ったあとでも
臭いが気になるというデメリットも
あります。

水垢が落ちる効果や、
使いやすさはクエン酸が一番

いいですよ!

 

スポンサードリンク

 ■水垢がつかない工夫は? 

水垢がつかないように出来れば
お掃除も楽ですよね。

残念ながら、水垢をまったく付着
させずに使う方法は
見つかりませんでした。

やはり、しっかりとこびりつく前に
こまめに掃除することが
キレイに使うポイントのようです。

タンクに水が残っていても
毎日水を取り替えたり、

加湿器のトレー部分を
こまめに洗うと落としやすいですね。

 

 ■クエン酸って? 

そもそもこのクエン酸って
どんなものなのでしょうか?

クエン酸自体は、
かんきつ系の果物や梅干しに多く
含まれています。

クエン酸は、疲労回復効果、
美肌効果など美容目的でも
利用されることもあります。

なので、 人体に害はないので
安心して使う事ができますね。

お掃除で浸けても安心なのが
わかりましたが、
しっかりと洗い流さないと
金属部分が痛むこともあるそうです。

残ったクエン酸が結晶化して
加湿器の故障の原因に
なるといけないので
しっかりと洗いながして
使いましょうね!

クエン酸は100円均一や
ホームセンターでも手軽に手に入ります。
1つあるととても便利ですよ!

 

 ■まとめ 

お掃除で活躍するクエン酸ですが、
同じく掃除に便利な重曹もありますね。

重曹もとても便利なアイテムなんですが、
この加湿器やポットなどの
お掃除には使わない方がいいんです。

水垢のカルシウムは、アルカリ性
なんです。

実は重曹もアルカリ性なので、
余計に白い塊を大きく
してしまう可能性も・・・!

酸性のクエン酸を使ってくださいね!

冬には欠かせない加湿器。
清潔にしないと、カビ菌なども
一緒に噴出してしまうので
お手入れを大切に!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。