【PA-3】ヨーグルトをメーカー使わないで手作りする方法!簡単な作り方は?


乳酸菌の様々な効果が注目され、
その中でもPA-3は、健康を気にする世代
からその効果が期待されています。

PA-3にはどんな効果が?

すぐに自宅で作ってみたいけど、
ヨーグルトメーカーがない!!

そんな時も大丈夫です!

自宅であるもので簡単に手作りできる
方法や保存方法、いつまで食べれる?
などPA-3の手作りヨーグルトについて
詳しく紹介します!

毎日食べることが大切ですが、
コストもかかりますよね。

簡単にできる手作りに挑戦して、
自宅でヨーグルトを作ってみませんか?

スポンサードリンク

 ■PA-3とはどんな効果が? 

CMでもお馴染みのPA-3。
【プリン体と戦う乳酸菌】として
注目されているんです!

ビールなども最近はプリン体0などの
商品が多く、なんだか体に悪いもの
という風に認識していますが、

プリン体ってなんだっけ?

プリン体は食べ物のほとんどに含まれて
いるもので、体内でも作られたり、分解
されたりしているものです。

なぜ嫌がられるの?

というと、通常は体内で分解して
尿酸となって尿から排出されますが、

これが排出しきれずに体内に蓄積
してしまうと、 尿酸値が高くなり、
痛風の原因になる

言われているんです!

ほとんどの食べ物に含まれていて、
旨みでもあるのでので、
体には必要なものですが、
摂取しずぎには注意が必要なんですよね。

PA-3のヨーグルトは、
そんなプリン体と戦う!とありますが、

効果的には、
プリン体を分解し、吸収してプリン体の
増加を抑える効果
が期待できます。

必ず尿酸値が下がるとか
劇的に変化するような事は
言われていませんが、

尿酸値が気になる方は
どうせ食べるのであれば、
効果が期待できるPA-3を
積極的に摂取したいですよね!

 
 

 ■メーカーなしで手作りしよう! 

ヨーグルトメーカーを買う前に
試してみたい!という方や、

実際に続くかわからないので
ヨーグルトメーカーを購入するのを
迷っている方、
ぜひ試してみてください!
 

【用意するもの】

●PA-3ヨーグルト 半分

●牛乳(成分無調整)1ℓ

●魔法瓶 OR保温性が高い水筒

●温度計

●グラニュー糖 好みの量で
  6g~24g程度を目安に

 

たったこれだけなんですよ!

たね菌となるPA-3のヨーグルトは
カップタイプのものとドリンクタイプの
ものがありますが、
おすすめは、ドリンクタイプのもの!

メーカーで作る際は温度設定が出来るので、
どちらでも大丈夫ですが、
魔法瓶で作る際は温度管理が難しいので、
均一に温まりやすいドリンクがおすすめ!

ボトルのまま温められるので
簡単ですよ!

牛乳は必ず 成分無調性のものを選らんで
くださいね!

ヨーグルトは菌を繁殖させるので、
ばい菌が入ってしまうとカビの原因に
なったりします。

まずは、手洗いを必ず行ってください。

そして、使うものをすべて煮沸消毒
します。

かき混ぜるスプーンや魔法瓶は
沸騰したお湯に浸けるか、大きな
鍋で蒸したりして消毒しましょう。

そして、水分をキレイに拭き取り
準備は完了!

 

【作り方】

①まずは、煮沸した魔法瓶を43度のお湯を
 入れて温めておきます。

②PA-3ヨーグルトドリンクも
 湯せんにかけて43℃に温めます。

③牛乳も43℃に温めて
 この時に砂糖を入れたい方は
 入れて溶かしておきましょう

④魔法瓶の水分をキッチンペーパーで
 しっかりとふき取り、
 温めた材料すべてを魔法瓶に入れて
 まるく混ぜます。

⑤そのまま7時間から10時間程度
 置いておきます。

そして出来上がり!

置き時間が長いほどしっかりと固まり、
酸味も強くなりますよ。

 

スポンサードリンク

 

 ■ポイントやコツは? 

メーカーではないのでポイントが
いくつかあります。

【温度を守ること】

 メーカーでは自動ですが、
 魔法瓶の時は多少温度が下がってしまい
 ます。
 それでもヨーグルトは出来るのですが、
 PA-3の乳酸菌の発酵温度は43℃
 なので守ってくださいね!

 逆に温度が高過ぎても乳酸菌が
 死んでしまうのでここだけは
 注意が必要です。
 

【水気は厳禁!】
 
 魔法瓶を温めた際の水気は
 必ずキレイに拭き取ってくださいね。

 水気は失敗する原因にも
 なるので、しっかりとふき取りましょう。

 

【砂糖について】

 実は砂糖がなくてもヨーグルトは
 作ることができます。

 ですが、 砂糖が入っていた方が
 乳酸菌が活発になる
ので
 発酵しやすいんです!
 魔法瓶で作るときは、入れた方が
 成功しますよ!
 

【発酵中は絶対に蓋を開けないこと】

 固まったかな?と気になりますが、
 絶対に蓋は完成まで開けないで
 くださいね。

 菌が入ってカビの原因になります。
 6時間から10時間、完成まで
 見守ってください。

 

【消毒は大切!】
 
 ヨーグルト作りの最大のポイント
 ではないでしょうか?

 手洗いや使う道具の消毒は念入りに
 してくださいね。

手作りしてみて続けたい!
と思ったかたはメーカーを購入しても
いいかもしれませんね。
ヨーグルトメーカーも種類がありますが、
牛乳パックをそのまま利用できるタイプ
とても便利ですよ!
 

 
 

 ■保存方法といつまで食べれる? 

完成したヨーグルトは、
煮沸などで消毒した容器に移しかえて
冷蔵庫で保管します。

いつまで食べれる?

どのくらい日持ちするのか気になりますよね。

手作りのものなので、
出来てから3日で食べきるように
しましょう。

1ℓの牛乳で作るとちょうど3日
位で食べきれるくらいに
なっていますよ。

 
 

 ■まとめ 

R1ヨーグルトの作り方も
紹介しています。
⇒R1ヨーグルトのメーカー使わずに手作りする方法!

⇒【R1】 【LG21】 【PA-3】ヨーグルト効果の違いって?

作り方を見るとちょっと面倒臭いかな?
と思ってしまうかもしれませんが、
実際の工程は、入れて混ぜるだけ
なので、案外簡単に作れます。

今の水筒はかなり保温性も優れて
いるので失敗することは
ほとんどないと思いますよ!

魔法瓶や水筒はほとんどのご自宅で
1つはあるものなので、
すぐに作れるのも嬉しいところ。

気になったかたは、ぜひ挑戦して
みてくださいね!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。