紫外線で肌がピリピリする時の対処法と予防法は?ケアはどうする?


紫外線が気になる季節。
真夏はしっかりと対策してるのに、
疎かにしがちな5月6月の紫外線で
ダメージを受けていませんか?

最近、お肌がヒリヒリする・・・
ピリピリして化粧水が痛い・・・

デリケートなお顔の皮膚が紫外線で
ダメージを受けているかもしれません!

そんな時はどうしたらいい?
いつもの化粧水で大丈夫?

対処法や予防法、日常のケアなど
を詳しく紹介します!

スポンサードリンク

 ■ピリピリするお肌の状態 

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s
お肌がヒリヒリする・・・。
お風呂上がりや洗顔時になんだかピリっと
することがあります。

そしてそんな時は化粧水がしみる・・・
痛い・・・
なんだか顔が赤くなってる?!

保湿はした方が良さそうなのに、
こんなに痛くて大丈夫?!

と不安になりますよね。

こんな時のお肌の状態は、
乾燥が原因で敏感肌になっている
かもしれません!!

敏感肌は、ちょっとした刺激にも敏感に
反応して痛みやかゆみといった症状を
引き起こします。

『敏感肌』 というのは、
肌トラブルの一種にようですが、
実は乾燥肌が悪化した状態なんです!!

その原因は、

●洗顔のしすぎ

●強く洗い過ぎ

●熱いお湯であらう

●エアコンにあたる

●栄養不足

●日焼け
 

このような様々な要因で乾燥肌に
なってしまいます。

乾燥肌はお肌の水分量が30%以下に
なってしまっている状態で、
かなりお肌のバリア機能が低下しています。

が!!!

敏感肌は、このバリア機能が更に
低下して、お肌の細胞をつなげている
『セラミド』が足りない状態に!

バリアで保護されていないので、
ちょっとした刺激や紫外線のダメージを
直に受けてしまうんです!

ヒリヒリするから保湿は避けよう
というのは、更に悪化させて敏感肌に
なってしまう可能性も・・・。

ではどんな対処をすればいいの?
次で紹介します!

 

スポンサードリンク


 

 ■対処法はコレ! 

大切なのは保湿!!

そして、乾燥を防いで流れて不足している
『セラミド』を補うことが大切です。

それから、お肌のターンオーバーを
正常に保つことも大切!

敏感肌は、ターンオーバーが早いサイクルに
なっていて、細胞が成長する前に角質層が
作られてしまいます。

これを通常のサイクルに戻し、
セラミドを補いながらお肌を整えていきます。

これらすべては全部保湿することで
対処できます。

化粧水をたっぷり使って最後には必ず
水分の蒸発を防ぐ乳液やクリームでしっかり
をフタをしましょうね。

でも・・・
いつもの化粧水がピリピリして痛い
んだけど!!

しっかりと保湿をしたいのに、化粧水がしみて
痛いけど大丈夫?!
という方には、ピリピリしてしまう人向けの
スキンケアがあります。



まずは試せるところが嬉しいですね。

そして、角質細胞を育てている過程で
絶対にダメなことは、
ピーリングなどのお肌に刺激を
与えること。

敏感肌の時は炎症の原因になるので、
気を付けてくださいね。

お肌の対策はすぐに目に見える効果がでない
のがもどかしいのですが、
しっかりと保湿を継続することで、角質細胞を
健康にしていきましょう!

 
 

 ■予防するには? 

ヒリヒリとした肌トラブルが治まってきても
敏感になってしまったお肌はまだダメージを
受けてしまうかもしれません・・・。

先ほど紹介した乾燥肌の原因になる
ことは避けまがら、
日焼け対策も忘れずにしっかりと
しましょう!

予防もお肌の状態に合わせて優しいもので
予防したいですよね。

出来るだけお肌に負担のかからない
日焼け止めをおすすめします。




日焼け止めは落とす時も
お肌を強く擦ってしまうとトラブルの元に。

洗浄成分が強すぎても、お肌に残って
しまってもいけないですよね。

そんなことも考えてくれている
日焼け止めを選ぶと安心ですね!

ちょっと驚きなのが!
塗るのではなくて、
飲む日焼け止めがあるんです!!

これなら直接お肌に塗ることがないので、
敏感なお肌を刺激の原因になることが
ないですね!

日焼け止めを塗り忘れた!!
という事や、背中がなど手の届かない
ところにも対処できるので
おすすめですよ!


 
 

 ■体の中からの予防や対策 

2263f95bff0ef729a913e24130ac2c85_s
紹介した方法はお肌を外側からケア
するものですね。

合わせて体の内側からもケアして
いくと効果的ですね!

紫外線対策に良い食べ物は、

【トマト】

 活性酸素を除去するリコピンは、
 シミのの原因のメラニンが作られる
 のを防いでくれます。
 

【鮭・エビ・カニ】

 オレンジ色にはアスタキサンチンが
 含まれていて、活性酸素を作られる
 のを防ぐ役割があります。
 

【大豆製品】

 ポリフェノールが活性酸素などの
 有害な物質を解毒してくれる
 役割があります。
 他にも、高カカオチョコレートや
 ココアにはポリフェノールが
 たくさん含まれています。
 

 

ほかにもビタミンCやβーカロテン、
ビタミンA・Eも大切な栄養素です。

積極的に取り入れていきましょう!

 
 

 ■まとめ 

健康なお肌を作るには、
体の外側と内側、両方からケアすると
いいですね。

すぐに結果が見えないと、継続することが
だんだん面倒になってしまいがちですが、

継続することで、健康な角質層が
作られてお肌を強くしてくれます。

一年を通して紫外線などのダメージに
負けないお肌を作って行きましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。