室内でも熱中症になる原因は?症状となりやすい人の特徴や予防対策を紹介!


夏場はとくに気になる熱中症。

毎年ニュースにもなり、重症化すると
死亡するケースもあります。

真夏に外にいるとなってしまうと
思いがちですが、
外に出ていなくても、室内にいても
熱中症になってしまう可能性があるんです!

熱中症の隠れた落とし穴について
なりやすい人の特徴、症状、対策を
紹介します!

スポンサードリンク

 ■熱中症の落とし穴 

bb3ecbfced3cf99c89457e2a614d4ce9_s

熱中症と聞くと、水分をあまり摂らずに
暑い中に居た、とか
真夏に外で運動をしていたときに倒れて
しまうイメージがありますよね。

ですが、意外な落とし穴があって、
部屋のなかでも熱中症になってしまうことも
あるんです!

それは、
数日かけて徐々に症状が進行して、
発症したときには重症化してしまうという
ケース。

どういう人がこの落とし穴に
注意した方がいいのでしょうか??

 
 

 ■熱中症になりやすい人 

この数日かけて徐々に熱中症を進行させて
しまう方の特徴は、
 

●年配の方

●暑さを感じにくい

●エアコンを使わない

 

こんな方に多いんです。

年配の方は、加齢によって暑さを
感じ取るセンサーの 温度感受性が鈍くなって
いるので、汗があまり出ないんです

若い方は、汗を蒸発させて体温を下げて
いますが、加齢で汗があまりでなくなって
いる高齢の方は、表面温度が下がらないので、
徐々に体温が上昇していってしまいます。

数日かけて徐々に熱中症になってしまう
んです・・・。

徐々に進行するので、
本人も周囲の人も気づきにくいので、
発症したときには、重症化している
ケースが多いのがこの熱中症の
パターンなんです!

なりやすい人で年配の方と紹介しましたが、
温度感受性は、 40代~50代の方
鈍りはじめているので
熱中症には十分注意が必要です!

 
 

 ■どんな症状? 

室内でも、気温や湿度が高いときは
注意が必要です。

症状として
 

●吐き気・おう吐

●頭痛

●倦怠感

●汗がでない

●体温が高め

 
このような症状は注意が必要です。
急に倒れてしまう場合もあるので、
きちんと対策をすることも大切ですよ!

 

スポンサードリンク


 

 ■効果的な飲み物はコレ! 

熱中症診療ガイドラインによると

●ポカリスエットなどのスポーツドリンク

●経口補水液

も熱中症予防に有効な飲み物です。

が、

【梅昆布茶】も新たに有効と考えられる
飲み物として掲載されました。

梅昆布茶には、

●塩分

●糖分

●アミノ酸

●クエン酸

等が含まれていて塩分(ナトリウム)の量は
経口補水液と同じくらいの濃度が
含まれています。

汗をかいて塩分が減ってしまうと、
体内の水分を溜める働きが弱くなって
しまうので、塩分も大切なんですよ!

 
 

 ■飲むタイミングは? 

熱中症予防のために大切な水分補給ですが、
飲むタイミングも大切です。

運動する前や後というのは、
特に意識して水分補給をしてくださいね。

そして、梅昆布茶であれば
温かいお茶ではなく、冷たい梅昆布茶を
飲んでくださいね。

体温を上げないように注意しましょう!

 
 

 ■室内での対策を紹介! 

cf781c51420d8b95cc70c95ddbc53a99_s

室内でも熱中症にならない為には、
日ごろから対策をすることが大切です。
 

●水分補給

●エアコンを使う

●扇風機を使う

 
エアコンが苦手・・・という方は、
首に巻いているだけでもひんやりする
タオルもいいですね。


そして、やはり水分補給はとても大切です。

特に、水よりはスポーツドリンクや
紹介した梅昆布茶など、体に吸収されやすい
飲み物を選んでくださいね!

個人的には、体温計でこまめに自分の体温を
知るのもよいのでは?
と思います。

自分ではなんともなくても
実は体温が上がっている可能性もあるので
気を付けましょうね。

 
 

 ■まとめ 

暑い日に外に出るときに気を付けるものと
考えがちですが、
室内でも熱中症になってしまう可能性は
あるんです!

電気代も気になりますが、
倒れてしまったり、重症化してしまうと
大変なことに・・・。

エアコンを適切に利用して、水分補給を
しっかりとして気を付けましょうね!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。