アイリスオーヤマのセラミックカラーパンとダイヤモンドコートパン違いを比較!


実際に両方のフライパンを使って比較してみた
画像付きの口コミと感想です!

アイリスオーヤマは、日用品から家電まで
幅広く取り扱うブランドで、関西方面では
特に人気があるんです!

KITCHEN CHEFシリーズで中でも人気の
フライパン。
【セラミックカラーパン】と
【ダイヤモンドコートパン】。

フライパンを買いたい!でもどっちがいいの?
どっちを選んだらいい?
と迷っている方必見です!

重さや実際の熱伝導、価格や
重さなどを詳しく比較します!

スポンサードリンク

 ■比較するフライパンの特徴 

今回比較するフライパンは
 

●セラミックカラーパン

●ダイヤモンドコートパン
 

の2種類です。
それぞれのフライパンの特徴などを
紹介します。

 
 

【セラミックカラーパン】

フライパンや鍋の外側の色がカラフルで
オシャレなママさんや女子からも人気です!

今までのフライパンと違って内側が白いと
いうのも清潔感が抜群なのと、キッチンが
明るくなる!
と評判なんですよね。

この内側の白さは、
セラミックコーティング
してあるからで、
セラミックカラーパンは、焦げ付きにくい!
と評判なんです!

そして、セラミックカラーパンは遠赤外線効果
があるそうなので、調理している 食材の
芯に熱を伝えてくれるんですって!

よくIH対応のフライパンで底の部分が
熱によって変形して、使えなくなったり
反応が悪くなったりしますが、
このフライパンは底面が厚くなっている
ので熱変形に強いフライパンなんですよ!

セラミックカラーパンは、IHやガス火
専用などの種類はなく両方使えるように
なっています。

 
 

【ダイヤモンドコートパン】

今までの馴染みのフライパンに見た目は
近いですが、内側をよく見るとキラキラと
細かく光っています。

これは人工ダイヤモンドの粒子をフッ素と
コーティングしてあるからなんです!

このダイヤモンドコートパンは
5層のコーティングになっていて、

中心のアルミをダイヤモンドコートとトップコート
で挟み込んでいる感じになっています。

一番と特徴はこびりつきにくさ。

他のフライパンとの違いでもありますが、
こびりつきにくいので油の量が
少なくても焼くことができます。

食材によっては、油をひかなくても
こびりつかずに調理が出来ると評判
なんですよね。

家族の健康の為、油カット出来るのは
主婦にはかなりポイント高いです!

ダイヤモンドコートは、
ガス火用と、IH&ガス火用の
2種類のタイプがあります。

※今回比較するフライパンは
IHも使えるタイプです。

 



 

 ■熱伝導を実験比較! 

両方とも、熱伝導率が優れていること
は知られていますよね。

熱伝導率が良いのでセラミックカラーパン、
ダイヤモンドコートともに強火はNGと
なっています。

実際にどっちが早くお湯が沸くか?
という実験を遊び心でやってみました。

一般家庭用のIH(HITACHI)
で同じ火力の中火レベル7で、
500mlの水をどちらがはやく沸かせるか?
という実験ですw
 
 

【26cmのフライパンで実験】

左:ダイヤモンドコートパン
右:セラミックカラーパン
 
水を500ml入れた状態です。

 
 

4分経過

フライパンの底に気泡が出来て
います。

ダイヤモンドコートパンは全体的に
気泡が付いている感じですが、
セラミックカラーパンはIHヒーターの
火力の強い部分を中心に丸く気泡が付いている
という感じです。

 
 

5分経過すると大きな気泡になってぐつぐつ
としていました。
沸騰するまであと少しという感じ。

 
 

6分経過

完全に沸騰状態です。
そして、フライパンを6分見守っていましたが、
沸騰までの時間は同じでした。

フライパンでの熱伝導率は同じという結果に。

 
 
 

【20cmのなべで実験】

右:ダイヤモンドコートパン
左:セラミックカラーパン
 

フライパンでは同時にお湯が沸きましたが、
なべだとどうなのかな?

別の日、
クッキングヒーターが冷えている状態
で、フライパンと同じ条件で実験しました。
 

水を500ml入れた状態

火力7でスタート!

 
 

3分~4分経過

フライパンの色の違いでセラミックの
方が気泡が見えづらいですが、こ
多少、ダイヤモンドコートパンの方が
煮立っている印象です。

 
 

5分10秒経過

ダイヤモンドコートパンは
完全に煮立って沸騰しました。
が、セラミックカラーパンの方は
気泡は大きくなっていますが、
沸騰はしていない様子です。

最終的に、セラミックカラーパンの水が
沸騰したのは、6分経過してからでした。

 
 

 【結果】 

フライパンではほぼ同時に沸騰しましたが、
なべだと結果に差がでました。

約50秒ほど、ダイヤモンドコートパンの方が
沸騰するのが早かったという結果には
ビックリです!

フライパンや鍋を見ていて、
ダイヤモンドコートパンは全体的に
温まるような感じで、
セラミックカラーパンは、IHのヒーター
の〇の部分が特に強く温まっている
ような感じでした。

 
これは、個人で試したみた
実験なので、あくまで参考までにどうぞ。

次は重さを比較します!

 

スポンサードリンク


 

 ■重さを比較! 

【セラミックカラーパン】

フライパン26cm:  約840g
なべ20cm:     約760g

 
 

【ダイヤモンドコートパン】

        (IH対応)
フライパン26cm:  約707g
なべ20cm:     約580g

 
   

セラミックパンの方がフライパンも
なべも重いことがわかります。
少しの差ですが、実際に使ってみると
大きく感じましたよ。

調理もそうですが、鍋をしまうときも
洗う時も重さは気になるので、
やっぱ軽いほがいいな~と思いました。

 
 
 

 ■価格を比較! 

アイリスオーヤマ公式通販サイトでの
販売価格を比較しました。
セール品で価格が変動していたり、
セット内容がカラーパンとダイヤモンドコートパン
で多少異なるので、一番比較しやすい6点セット、
IH対応の商品で比較しました。
どっちがお買い得?

 

【セラミックカラーパン】

IH対応
6点セット  ¥6,458(税込)
 ●26cmフライパン
 ●20cmフライパン
 ●18cmなべ
 ●18cmなべふた
 ●18cmPEシールふた
 ●マルチハンドル
 
 

【ダイヤモンドコートパン】

IH対応
6点セット  ¥7,538(税込)
 ●26cmフライパン
 ●20cmフライパン
 ●20cmなべ
 ●20cmなべふた
 ●20cmPEシールふた
 ●マルチハンドル
※おまけでマルチハンドル(¥1,598税込)
 が1本もらえます。実質は、7点セット
 
 
 

楽天最安値で比較してみました!
    ※H29年1月19日現在の価格です
 

【セラミックカラーパン】

 
 

【ダイヤモンドコートパン】

 
 

両方、送料無料でIH対応の税込最安値の
商品です。
 

セラミックカラーパンは、¥5,580
       公式通販より¥878お得

ダイヤモンドコートパンは、¥5,481
       公式通販より¥2,057お得
 

となっていました!!

楽天だと、公式ショップよりもかなり
お買い得に購入できますね。
ポイントも付くし、送料無料なのも
嬉しいです!
ダイヤモンドコートパンに至っては、
公式同様、マルチハンドルが1本おまけで
ついてくるのに、2,000以上安いのは
驚きです!

 
 
 

 ■まとめ 

アイリスオーヤマのフライパンを比較
してみました。

私自身、フライパンを探していた時に、
実際、セラミックカラーパンと
ダイヤモンドコートパン、どっちを買おうか
迷っていたので調べてみたのですが、
実際に両方使ってみて、比較していて、
リピートするならば、
個人的には、ダイヤモンドコートパンの方を
選ぶと思います。

少しの差でしたが、重さは大事。
一番の理由は、油が少なくて済むこと、
これも大きな理由ですね。

今回はIH対応の商品で比較しましたが、
ダイヤモンドコートパンは直火のみ対応
の商品はもう少し安く販売されているので
ガスを使っている方はチェックしてみて
くださいね!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。