台風接近で気圧の変化による頭痛や体調不良の原因と予防は?


季節の変わり目や台風到来などによって気圧の変化が
起こる時、どうして体調不良になるのか?
頭痛の原因や予防策、対処法を紹介します。

スポンサードリンク

 

 ■気圧が下がると体はどうなる? 

 体の変化としては気圧が下がると血管が
 拡張したり膨張することによって頭痛を
 引き起こします。
 その血管が喉なら気道が腫れてきて気管支炎
 や喘息の症状を引き起こします。
 他にもだるさや疲労感、めまい、
 アレルギー症状が出てしまうなどの体調不良
 が起こってしまいます。
 
 

 ■気圧の変化で起こる体調不良の原因 

 体調不良の原因は自律神経の影響がとても
 大きいんです。
 その中でも副交感神経の過剰な働きが
 原因の事が多く、副交感神経が優位になると
 体がリラックスモードへと切り替わってしまい
 ます。
 そうすると体を休めようと血圧、心肺の低下
 や意欲が低下し、なんだかだるい、やる気が
 出ないなどの不調をもたらします。
 そして免疫活動に影響のあるヒスタミンという
 物質が過剰に出ることもアレルギー症状を
 引き起こす原因とされています。
 
 

 ■予防策はある? 

 自律神経を乱さないようにする事が大事です。

  ・暑さや寒さなどあまり変化を感じないように
  ・睡眠と休息をたっぷりとる
  ・生活のバランスを整える
  ・冷たい飲み物や甘いものは避ける

 規則正しい生活で自律神経に負担をかけない
 ように気を付けましょうね。

 自律神経を整えてくれる食べ物もあります。
 
 ・納豆やみそ
 ・かぼちゃ 
 ・乳製品
 ・ひじき
 ・大豆製品

 これらの食品は自律神経を整えてくれたり、
 その手助けをしてくれる食べ物です。
 組み合わせて積極的に摂取していきましょう!

 お風呂では少しぬるめの38度くらいのお湯で
 長湯をしないようにする事が大切です。
 食後1時間以上経ってから入るのがベストですよ。

 

 ■頭痛になった時の対処法 

 気圧の変化で頭痛が引き起こされてしまったら
 とにかくまずは冷やすことが大切です。
 おでこに冷えピタを貼ったり頭に氷枕で冷やし
 ましょう。
 そして、部屋を暗くして静かに休みましょう。
 無理をすると頭痛が悪化したり、さらに疲労感
 や倦怠感などの不調が出てきてしまいます。
 痛みが早く治まるようにゆっくり休みましょう。

 

 ■まとめ 

 台風が近づくと皆一斉に頭痛や体調不良になる
 ことがありますよね。原因は自律神経。
 台風で体調が悪くならないように予防して
 体内時計が狂わないように気を付けましょう。 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。