お手入れが一番簡単な加湿器はどれ?色々使ってみた結果コレでした!


加湿器はお手入れがとても大切ですよね。
きちんとお手入れしないと、菌が繁殖して、
健康被害が出てしまうことも。

インフルエンザ予防や風邪予防に
加湿している方も多いですが、
逆効果なんて怖いですよね。

色々な加湿器を試してきましたが、
どれもお手入れは不可欠なんです。

じゃぁ、結局どれが一番お手入れが
簡単なの?

菌の繁殖が心配!

そんな方は参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

 ■お手入れ大丈夫? 

ちゃんと週1くらいでお手入れしてるよ
という方、きちんとお手入れしているつもり
でも、
ちょっと不安になることってないですか?

 
菌って見えないから
怖いんですよね。
 
プラスチックの材質だと、
強くこすると傷が出来て、そこが菌の
温床になる、とか色々知って
しまうとちょっと心配になりますよね。
 
本体のほかにフィルターお手入れ
もあったり、
 
洗っただけではダメとか、
除菌が必要とか・・・
 
以前は、加湿器に除菌液を混ぜるなんて
ほとんど聞いたことがなかった
のですが、最近は使っている方も
多いようですね。
 
ちなみに、
除菌液はこんな感じのものです。

 
もー色々と面倒くさいよ~って
思ってしまいますよね。
実際、私もそうだったんです。

 
 
 

 ■加湿器の種類 

加湿器の種類大きくわけて4種類。
 
簡単に言ってしまうと
 

●ハイブリッド式

  温風を水にあてて加湿
 

●超音波式

  超音波で水を粒子にして噴出して加湿
 

●気化式

  水に風をあてて加湿
 

●スチーム式

  熱で水を沸騰させて加湿
 

簡単に言ってしまうとこんな感じになります。

このほとんどが本体の他、フィルター
のお手入れが必要になります。

 

スポンサードリンク


 

 ■一体型は我が家には不向きでした 

我が家では、空気清浄機と加湿器が
一体化したものを使っていた時期が
あったのですが、
本当にお手入れが大変でした。
 
加湿器の種類でいうと、
気化式。
 
ある一定の湿度を自動で調節してくれる
という優れものなのですが、
水は毎日タンクに補充していました。
 
タンクは水を補充するたびに洗って、
加湿器の水が溜まっている部分は
1週間に1度のペースでお手入れして
いましたが、
気が付くと、ぬるぬるしてる気がする・・・。
 
作りが複雑で、ブラシでしっかりと洗えない
んですよね。
 
水垢も固まるし、でも隅々まで
ブラシ届かないし!!!
 
お手入れの大変さに、加湿器の必要性が
負けて結局使わずじまいになって
しまいました。
 
でも、風邪をひいたり、冬になると
加湿したくなるんですよね。
 

そこで、
結局どれがお手入れ簡単なの?
 
と探した結果・・・
 
 
 

 ■使ってみた結果コレでした! 

今まで使ってみた加湿器の
面倒だと思ったところは、
 
 

●フィルターのお手入れが面倒
 
●菌が心配
 
●ぬめつきや汚れが気になる
 
●隅々まできちんと洗えない
 
●部品が細かくて洗うのが面倒
 
 

特に、超音波式や気化式はお値段が安い分、
お手入れが大変だなぁと感じました。

 

じゃぁこのお手入れが一番楽なのは
どの加湿器?

 
と、調べたところ、
お手入れが簡単で菌の心配も少ない
加湿器を見つけました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

象印 ZOJIRUSHI EE-RM35-WA [スチーム式加湿器 ホワイト]※送料無料
価格:17800円(税込、送料無料) (2018/2/8時点)

この加湿器は、ポットのような
作りになっていて、
なんと!フィルターがないんです!!
 
フィルターレスの加湿器ってあるんですよ!
 
ポットを想像すると、
下の方に水を吸い上げる穴があって
そこのお手入れも面倒なのですが、
この加湿器はそういう穴はないんです。
 
沸騰した水を上から吹き上げて
加湿します。
 

お手入れは、蓋を洗うことと、
ポット部分を2週間に1度洗うこと。
 

基本的に水を沸騰させるので、
菌の繁殖の心配が他の加湿器よりも
少ないのが一番嬉しいですね!
 
フィルターなどの細かい部品を洗う
必要もないですし、スポンジが
届かないような細かいところも
ないおで、お手入れも簡単!
 
買ってよかったところを
まとめると、
 
 

●菌の繁殖の心配が少ない
 
●除菌液を入れなくてよい
 
●フィルターがない
 
●お手入れが楽
 
●水を補充するのが簡単
 
 

なことですね。

こんな加湿器があったんだ!!!
と感動したくらいです。

加湿器おお手入れやお掃除が
面倒な方にはおすすめです!

 
 
 

 ■デメリットも・・・ 

私にとっては最高の加湿器なのですが、
もちろん、デメリットもあります。
 

●上からでる水蒸気がでるので
 子供のやけどの注意
 
●カルキがつく
 
●電気代がかかる
 

この3つがデメリットだと感じました。
 
電気代は、通常使用した1カ月1,300円位
かかるそうです。
 
沸騰させるので電気代はかかってしまいます。
でも、除菌液は不要だったり、
フィルターがないので、買い替える
部品もないので、ランニングコスト
はかからないですよ!
 
心配なのは、小さな子供がいると
危ないんじゃないか・・・という点。

 
我が家では、ファンヒーターのサークル
内に加湿器を置いてるので
小さな子供や赤ちゃんがいても
大丈夫なように気を付けて使用しています。
 
カルキは、ポットのカルキ掃除のものが
使えたり、重曹やクエン酸で
お手入れ出来るので、そこまで手間に
感じませんでしたよ!

 
 
 

 ■まとめ 

小さな子供がいると、除菌液を
使っていてもやっぱり気になってしまうんですよね。
 
この加湿器は、水を沸騰させている
のでその点は心配が少ないですね。
  
見た目はポットなので、
オシャレ?と言われると
う~ん・・・という感じもしますが、
お手入れが簡単なのは大事ですよね!
 
何よりも、菌が気になる方や
お手入れが楽なものを探してる方には
おすすめですよ!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。