金属アレルギーの症状が突然出た!原因と対処法は?


いつもしているピアスなのに急に痒くなたり
いきなり被れてきたって方はいませんか?
金属アレルギーは突然起こるものなんですよ。
その原因と対処の方法やアクセサリーの選び方
について紹介します。

スポンサードリンク

 

 ■なぜ突然金属アレルギーに? 

 もともと体質だった場合や過剰に触れる事により
 拒絶反応が起きる場合があります。

 金属は汗に溶けだした金属イオンが体内に入り
 込むと異物と思った免疫の働きにより攻撃され、
 それがアレルギー反応となってしまいます。

 これはピアスやネックレスでもそうですが、
 歯医者さんで虫歯を治療した際に使われている
 詰め物に反応してしまうこともあります。

 突然反応が出てしまうのは、許容範囲を超えた
 からで、一番厄介なのは、 一度反応が出て
 しまうと治らない
こと。

 ほとんど一生付き合っていくことになって
 しまいます。
 
  

 ■どんな症状? 

 
 例えば、雑貨屋さんやアクセサリーショップなど
 で買ったネックレスの金具の部分があたる首元
 だけが、 汗疹みたいに赤く痒くなってしまう
 ことはありませんか?

 これは金属アレルギーによるもの
かもしれません。

 ピアスでは、穴の周りが被れたり、赤く痒く
 なったり、時にはジクジクしてくる事も
 あります。

 こんな時はピアスを外して炎症している耳たぶを
 休めましょう。
 無理して付け続けるのはやめた方がいいですよ。
 
 

スポンサードリンク

 ■アレルギーが起きやすい金属 

 アレルギーが起きやすい金属は
 いくつかあります。
 
 ・ニッケル 
 ・コバルト
 ・クロム
 ・銅
 ・亜鉛
 ・水銀

 
 などが主にあげられます。
 これらは、よく使うアクセサリーや時計、
 下着の金具、ベルトのバックルなどにも
 使われているので注意が必要です。

 

 ■アレルギーを起こしにくい金属 

 反応が出にくい金属は

 ・金
 ・銀
 ・白金
 ・プラチナ
 ・チタン
 ・ステンレス

 などがあげられます。
 これらは、絶対に起きないわけではなく
 起こりにくい金属と言われています。

 

 ■シルバー925ってダメなの? 

 よくピアスで見る表記ですね。
 シルバーだから大丈夫?!っと思いますが、

 これは 92.5%がシルバーで残りは他の金属で
 合成されている合金
と言われるものです。

 合成される金属がアレルギーを起こしやすいと
 言われる金属を使っている事が多いので、
 アレルギー反応がでてしまう事があります。
 
 

 ■金アレのアクセ選びは? 

 アレルギーを起こしにくいと言われる素材か
 をチェックする事が大切です。

 金やプラチナは高価で手が出にくい時は
 チタンやステンレスなど安価なものもあります。

 注意したいのは、
 コーティキングされているもの。

 よくK18コーティングなど、表面を金で
 覆ってありますよ、とあるものは中がニッケル
 などの場合が多いのでこれもアレルギー反応
 は出てしまう場合があります。

 合金も同じで合成されている金属がわから
 ないのでよく見て買いましょうね。
0e99918abdbfbb6d34adc6a6e5e19a10_s
  

 ■まとめ 

 接触しない事が一番ですが、触ったからと言って
 すぐに反応が出るものでもないので
 必要以上に怖がることもありません。

 もし反応が出てしまった場合は、
 皮膚科でアレルギー検査をする事をおすすめ
 します。
 何の金属が合わないのか調べる事で注意が
 できますよね。

  金属アレルギーは遺伝する事もありますので
 もしご両親が金アレがあるのであれば、反応が
 出ていなくても注意した方がよいかも
 しれません。
 
 特に夏場や汗をかく時などは反応が出やすい
 ので気を付けましょうね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。