赤ちゃんが歯磨きを嫌がる…始めるタイミングと好きになる方法!


早い赤ちゃんだと6カ月位から生え始める乳歯。
一般的には下の前歯から生え始めることが多く
笑った時に見える小さな歯は少しだけ赤ちゃんから
成長したようで、なんとも可愛いですよね!
まだこの時期だと、母乳やミルクを飲んでいたりするので
歯磨きって必要なのかな?って考えてしまいますよね。
でも、この最初の時期のケアって意外と大切なんです。
歯磨きを嫌いにならないように、虫歯になりにくい
丈夫な歯になるように、赤ちゃんの歯みがきについてお話します。

スポンサードリンク

 

 ■歯磨きを始めるタイミングは? 

 歯磨きは歯が生え始めた段階でもうスタートします。
 母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんでもこの段階から
 歯磨きの習慣に慣れさせていき、歯磨きは怖くない、
 ママとの楽しい時間!と認識してもらえるように
 なるといいですよね。
 この時は歯磨きのやり過ぎは新しい乳歯に
 負担になってしまう事もあるので、どちらかというと
 汚れをキレイにとる!というよりも歯ブラシに慣れる
 という事と、歯に食べ物以外の何かが触れる感覚を
 覚えてもらう位で大丈夫ですよ。

 

 ■歯ブラシと歯磨き粉はどれを選ぶ? 

 最初はゴムのようになっている歯磨きがおすすめです。
 これは赤ちゃんが誤って強い力で歯ブラシを動かしても
 歯や歯茎を傷つけないように工夫されています。
 また。誤って飲み込んだりしないように
 持ち手の部分が大きくなっていたり、指をかけて握れるように
 工夫しているものもあります。
 握れるタイプですと赤ちゃんも歯ブラシを持ちやすいですし、
 ケガの恐れもなく安心です。

 さらに歯が生えて少しこ慣れてきたら柔らかめの歯ブラシで
 歯磨き粉を使用してみましょう。
 歯磨き粉は小児用があり、必ずこの小児用のものを
 使用してくださいね。
 小児用の歯磨き粉は泡立たないようになっていて
 研磨剤が入っていないのでとても安心です。
 ぶどうやメロン、イチゴ味などほんのり甘くて
 赤ちゃんが興味を持つような工夫がされています。

 歯磨き粉を使って歯を磨いたら、まだ赤ちゃんは
 うがいが出来ないので、清潔なガーゼで軽くふいてあげましょう。
 

 歯ブラシではないですが、
 仕上げ用としてフロスタイプの歯磨きもおすすめです。
 これはママの指先にフロスを軽く巻いて赤ちゃんの
 乳歯を優しくこするような感じで使います。
 このフロスにはキシリトール配合のものや、
 少しだけ甘くなっているものもあり、
 赤ちゃんが嫌がらないような工夫がされています。
 これですとママの指先の感覚で強さが加減できるので
 便利です。

 

スポンサードリンク

 ■歯磨きをさせてくれない時の対処法 

 なかなか慣れてくれないと歯ブラシを投げてしまったり
 逃げ回ったり必死に抵抗してくる時もあります。
 なぜ嫌がるのか?
 赤ちゃんに少し恐怖心があるのかもしれません。
 ママにとっては日常の事ですが、赤ちゃんにとっては
 何をしてるのかまだわからないという感覚ですよね。
 ママがイライラしながら追いかけてきて押さえつけられる…
 もしかしたらちょっと不安に感じてるかもしれません。
 も~なんで歯磨きさせてくれないの!!
 って思いますが、出来るだけニコニコ…
 遊びの延長のような感覚で、根気よくがポイントです。
 また、いつも歯を磨く体制でごろごろしながら
 コミュニケーションを取ったり遊んだりすると
 少し不安が取り除けると思いますよ。

  

 ■フッ素って?歯医者さんで塗ってもらおう! 

 フッ素は体に対して大丈夫なものなの?と不安になるママも
 いると思いますが、歯磨き粉のなかに含まれているフッ素の量では
 体に害が出る事はありません。
 フッ素は歯の表面を強くして虫歯になりにくい歯にしてくれます。
 歯医者さんで定期的にフッ素を塗ってもらい
 歯医者さんという場所に慣れておくいいですよ。
 お住まいの地域や歯医者さんによって異なりますが
 医療費助成受給券が使えるところと使えないところがあります。
 掛かりつけの病院を探す時に、受給券が使えるかどうか
 チェックすることをお忘れなく!

 

 ■まとめ 

 子供のころに出来てしまう虫歯は親が防ぐ事が出来ます。
 決まった時間に歯磨きタイムを設けて、
 遊ぶ感覚でコミュニケーションを取りながら出来ると
 いいですね。
 虫歯になってからでは歯医者さんをとても怖がってしまい
 連れて行くのもとても大変です。
 早い段階から歯医者さんに慣れておくといいですよ。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。