温活で秋バテ予防と冷え性を改善しよう!効果的な方法はコレ!


最近、だるくてやる気が起きないことって
ないですか?
それはもしかしたら自律神経が乱れて
いるのかもしれません。
体を温める温活で、冷え性とバテる体を
卒業しませんか?
やり方はこんなに簡単ですよ!

スポンサードリンク

 ■温活とはなに? 

 日ごろから体を温める生活を意識しよう
 、というものです。

 体が冷えると自律神経が乱れやすくなり、
 体に不調が現れます。

 温活で、冷えや自律神経の乱れを 
 防いきましょうね!

 自分の体が冷え体質であるかどうか、
 目安は
 朝、体温を測った時の体温でわかります。

  36度以下ですと注意が必要です。
 
 自分は冷え体質かまずは知ることが大切ですよ。
 
 

 ■体がバテる原因 

 最近、秋バテという言葉をよく耳にします。
 秋って過ごしやすい季節なのに、なぜ?

 それは、夏との気温の差を体が対応しようと
  自律神経が乱れることが原因なんです。

 自律神経の乱れは、
 台風などで気圧が低くなった時にも起こります。
 酸素が薄くなって、

  ・だるい

  ・やる気が起きない

  ・食欲がない

  ・うつ症状

 などを引き起こすんですよ。

 
 

 ■自律神経って? 

 自律神経は2種類あります。

 【交感神経】
  日中に優位に働いている神経で人が活動しやす
  いくなるように、働いています。

 【副交感神経】
  夜などリラックスモードの時に働いています。
  人が休めるように働いています。

 普段は日中、交感神経が働いているのに、
 秋バテの時は、副交感神経が優位になっているので
 、体がだるくやる気が起きなくなっているんです。

  

スポンサードリンク

 ■温活で秋バテ解消しよう! 

 温活の効果的なやり方は

 ①朝起きたらまずは白湯!

  健康法としてコップ1杯のお水を飲むことは
  よく知られていますが、それを白湯に変えて
  みてください!
  水を飲んだ時は、体が冷えてしまい温めるのに
  エネルギーが必要になってしまうんですよ。
 

 ②少しの運動で筋肉量をアップ!

  体を温める熱産生の3割は筋肉からと
  言われています。
  適度な運動はとての大切なんですね。

  洗濯物を干す時や、洗い物をしている時に
  ちょっとつま先立ちをするだけでも
  違ってきます。
  これなら日ごろから忙しくても実践できそう
  ですよね。
  寝る前に少しストレッチすることも
  効果的ですよ。

 ③よく噛んで食べる

  噛むことで内臓の脂肪が燃焼されます。
  そして、満腹中枢も刺激されるので、
  食べ過ぎの防止にもなるんですよ。

  ガムを噛むのも効果的かもしれませんね。

 ④筋肉を温める

  身体を温めるには、筋肉を温めること!
  筋肉が多い、お腹や太ももなどを温めると
  効果的ですよ。
  睡眠時や寒い時は腹巻きがおすすめ!
  ホッカイロはお腹に貼るのがおすすめです!

 ちょっと珍しい温活の入浴剤を見つけました!



 入浴剤は手軽で嬉しいですね!

 この方法で、体を効果的に温めて
 冷えを防いで自律神経の働きを正常に保ちま
 しょうね。

 

 ■簡単な温活ストレッチ方法! 

 手先が冷える人にはおすすめです。

 まず、
 両手の第一関節を組み合わせてます。
 そして、手のひらに卵を包むように手を
 組みます。
 そのまま1分間待ちます。

  たったこれだけなんですよ!

 強く力を入れなくてもいいんです。
 軽く圧迫される感じがするだけでOK。

 これで末端の血流をよくして、温めて
 くれます。

 

 ■まとめ 

 温活には、他にも

  ・ダイエット効果
  ・美容・美肌効果

 もあると言われているんですよ。
 体を温めるということは、とても大切
 なんですね。
 
 温活を実践して、バテる体と冷え性を改善
 しましょうね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。