夜眠れないのは緊張やストレスのせい?眠気を誘う対処方法は?


眠りたいのになんだか寝れない夜って経験
ありませんか?
早く寝たいのにどうしての寝付けない…そんな時
眠りにつきやすい方法や、不眠症にならない
為の対処法や予防を知って深い眠りにつけるよう
に体質改善していきましょう。

スポンサードリンク

 ■睡眠不足はとても怖い 

 睡眠不足は体の調子が悪くなったり、
 大きな病気の原因にもなるんですよ。

 睡眠不足になると

  ・脳卒中

  ・高血圧

  ・糖尿病
  
  ・肥満

  ・肌荒れ

  ・うつ病

 大きな病気の原因やリスクが上がることが
 わかっています。

 日中、ぼーっとしてしまったり、昼間に
 強い眠気を感じるのは睡眠不足が原因
 の場合が多いです。

 寝ごとよく言う人は、もしかしたら
 熟睡出来ていないかもしれません。

  

 ■熟睡するための対策 

 熟睡する為には、お風呂に入ることが
 おおきなポイントなんですよ。

 忙しいからついついシャワーだけに
 なっていませんか?

  人が眠気を感じるのは深部体温といって
 内臓の温度が下がったときに眠気を感じます。

 シャワーだけのひとは体があまり温まらない
 為、深部温度の変化はあまりないんです。

 お風呂に入ると、深部温度が上がり、そして
 2時間位かけて下がっていきます。
 その時に眠気がやってきて熟睡できるんです。

 なので、 寝る2時間前にお風呂に浸かっておく
 と、良い睡眠ができるという事なんですよ。

 

スポンサードリンク

 ■なかなか寝られない時の対処法 

 間違った対処をすると不眠症の原因に!

 寝れない夜になりがちな実はやってはいけない
 こと。それは

 無理やり寝ること

 なんですよ!

 ほとどの人は、無理やり眠りにつこうとして
 部屋を暗くして、目を閉じて眠りが来るのを
 待ちます。
 でも、これを繰り返すと、脳が寝室はねれない
 とインプットしてしまいそれがストレスになって
 しまうんです!

 こんな時は、

 寝ようとせず、起きてしまった方がいいんです!

 ちょっと意外ですよね。

 無理に寝ようとせずに一度起きてリセットする
 ことが大切です。

 そして、脳から眠気のサインを出させることが
 とても大切なんですよ。

 どうしたら眠気のサインがでるのか?
 
 肩甲骨の周りには体をリラックスさせるスイッチ
 があるんです。

 肩甲骨を刺激して眠りのスイッチを入れると
 自然と眠気が起きますよ。

 そして、寝れないと焦ると余計に寝れなくなった
 経験をしている人は多いと思います。

 そんな時は、実際は少ししか寝る時間がない時
 でも、声をだして

 『今日はたくさん寝れて嬉しいなー
  8時間も寝れるなー』

 など、これからたくさん寝れると言い聞かせて
 脳をだましましょう。

 これ、結構効果がありますよ。

  

 ■眠気を誘うストレッチ方法 

 肩甲骨を刺激する簡単なストレッチがあります。

 片手を伸ばして、逆の手で内側へゆっくり
 ひっぱり肩甲骨を伸ばします。

 このときに、肩甲骨の周辺の筋肉が伸びている
 ことを意識してやってみてくださいね。

 そうすると、眠気のスイッチが入りやすく
 なります。

 寝れなくて辛いとき、良いリセットになりますよ。

 

 ■まとめ 

 年齢を重ねると、だんだん寝れなくなってきます
 が、これが病気ではないんです。

 快眠をサポートしてくれるサプリもあるので、
 薬を使いたくないという人にはおすすめですよ。


そして、
 年代ごとに必要な睡眠時間というものが
 あるんですよ。

 20代      約7時間45分
 30代~40代  約7時間
 50代~60代  約6時間
 70代以上    約5時間45分

 これ位が目安となっています。
 若い人の方が体力を使ったり代謝が良い為
 睡眠がたくさん必要となっています。
 
 熟睡できる深い眠りで、病気のリスクを
 減らしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。