幼稚園の遠足に最適なおやつって?交換できるおすすめはこれ!


年少さんだと親子遠足が多いですが、
子供達だけでの遠足だと、おやつって
量はどのくらい?どんな種類のおやつ
が崩れなくていいの?
幼稚園児でも食べやすい工夫や、
交換しやすいおやつの選び方を紹介します!

スポンサードリンク

 ■遠足の時期 

 遠足は春か秋が多いですよね。
 ちょうど気温も過ごしやすい季節で、
 子供達も遠足を心待ちにしていますね。

 園からのお便りには細かくおやつの指示が
 ないところが多いですよね。

 遠足の時期によってチョコレートは避けよう
 
 と思う方のいると思いますが、
  季節問わずちょっと注意が必要なんですよ。

 

 ■チョコレート菓子の選び方! 

 気温が上がらなきゃ大丈夫かな?
 と思いますが、ちょっと気を付けてくださいね。

 チョコレートは気温以外にも溶ける場合が
 あります。
 
 それは、

 子供の手の温度!

 幼稚園の遠足で、子供同士おやつの交換や
 嬉しくてゆっくり食べるお子さんもいるはず。
 
 チョコレートは手の温度でベトベトに
 なってしまうんですよ。

 あともう一つ。

 リュックに入れた時に背中に密着して温度が
 あがり、食べる時にグチャグチャになることも!

 チョコレート系を選ぶ時は、
 チョコが外に出ていないものを選びましょう。

 例えば、パックンチョやコアラのマーチが
 おすすめです。

 チョコクッキーは、チョコチップが練り込ま
 れているものは比較的大丈夫ですが、
 半分にチョコがコーティングされてるもの
 はちょっと危ないですよ~。

 

スポンサードリンク

 ■どんなおやつがいいの? 

 
 幼稚園バスでは、だいたいリュックは背負った
 ままなので、おやつがボロボロになって
 しまうことも多いんです。

 では、崩れにくいのはどんなおやつ?

 ちょっと厚みのあるビスケット!
 よく、コロンっとした形で、アルファベットや
 数字の形になっているものがありますよね。

 このおやつは耐久性があるので遠足に
 ピッタリ!

 そして、交換しやすいおやつなんですよ!

 逆に、クッキーはちょっと難しいんです。
 ソフトタイプは柔らかいので、ぼろぼろと
 崩れてしまうし、
 硬めのクッキーも粉々になってしまう可能性が
 あるので気を付けましょうね。

 あとは、折れてもバラバラにはならない
 トッポもおすすめです。
 人気のチョコですが、コーティングされてる
 ので安心で食べやすいですよね。
 交換もしやすいです。

 おせんべい系は硬いものは幼稚園児には
 食べにくいですよね。
 ハッピータンは折れてもあまり粉々に
 崩れないのでおすすめですよ!

 そして、一番崩れないのは、グミ!
 溶ける心配もないし、崩れないので
 幼稚園児のおやつにピッタリです!

 スナック菓子はかなりボロボロ、粉々
 になるので遠足の時は避けた方がいい
 かもしれませんよ。

 こんな感じで選ぶとおやつタイムで
 お子さんががっかりする事もなく
 楽しく過ごせますよ!
 
 
 

 ■食べやすい工夫 

 器用なお子さんもいるとおもいますが、
 まだまだ袋が自分で開けられない時も
 ありますよね。

 そんな時はジップロックのような
 チャック式のビニール袋におやつを
 入れて持たせましょう!

 袋を開けた時におやつが飛び出して
 落ちてしまった・・・
 なんてことも避けられますし、
 とっても食べやすいですよ。

 手で閉じて密封するタイプとチャック式
 の袋がありますが、
 個人的にはチャック式の方がおすすめ。

 手で閉めるタイプは、ちょっと難しいよう
 です。

 この辺はお子さんと相談してみてくださいね!

 持たせるおやつの量は食べきれる程度が
 いですよね。
 荷物にもなりますし、気持ち少なめが
 ちょうどいいかもしれません。

 

 ■まとめ 

 遠足の中でもおやつタイムは子供達にとって
 とても楽しみな時間になります。

 なんのおやつか見せ合ったり交換したり
 よい思い出になります。

 袋が開かなくて食べれなかった、や
 落としちゃった・・・
 粉々になっちゃった。
 なんてちょっと悲しい思いをしないように
 遠足のおやつ選びの参考にしてくださいね!

 素敵な遠足になりますように!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。