妊娠中カフェイン入りコーヒーは何杯まで?スタバでデカフェコーヒーが飲める?


妊娠中、気になるのはカフェイン入りの飲み物。
コーヒーや紅茶好きの人は飲めなくなるのは
辛いですよね。
一日何杯なら大丈夫?よく聞くデカフェや
ノンカフェ・カフェインレスの違いって?
実はスタバでデカフェのコーヒーが飲めちゃう
裏技を紹介します!

スポンサードリンク

 ■妊娠中、カフェインを避ける理由は? 

 妊娠すると葉酸を積極的に摂取したり、
 注意することや気を付けることが多くなり
 ますよね。
 その中でも、コーヒーが飲みたいのに
 カフェインが気になるー!という方は
 多いのではないでしょうか?

 カフェインの摂り過ぎは、お腹の中の赤ちゃん
 に影響があると言われています。

 ・子宮内胎児発育の遅延
 ・低体重出産
 ・早産
 ・流産

 こんな危険があるといわれていますね。

 まったくカフェインを摂らないというのは
 難しいですし、過剰摂取がよくないと言われて
 いるので、神経質になり過ぎないように
 気を付けましょうね。

 

 ■何杯なら飲んでも大丈夫? 

 私は妊娠中、お医者さんからは
 コーヒー、一日3杯程度なら大丈夫だよ、
 と言われました。

 私は紅茶も緑茶も好きだったので、一日どの位の
 カフェインなら摂取しても大丈夫なのか
 調べてみました。

 コーヒー1杯のカフェインは大体100mg
 あるそうなんです。

 3杯までは大丈夫ということは300mgを目安に
 してみようと思って気を付けていました。

 そうすると
 
 紅茶 1杯  ・・・・・・・・ 30mg
 煎茶 1杯  ・・・・・・・・ 30mg
 ウーロン茶  ・・・・・・・・ 30mg
 コカコーラ1缶・・・・・・・・ 34mg
 ダイエットコカコーラ1缶・・・ 45mg
 ココア 1杯 ・・・・・・・・ 50mg
 インスタントコーヒー ・・・・ 65mg
 スタバラッテ150ml ・・・・・・ 50mg

 メーカーや種類によって多少異なりますが
 参考にしてみてくださいね

 ビックリしたのがお茶なんです。
 
 種類がたくさんありますが、
 番茶、煎茶、玄米茶、ほうじ茶など種類が
 沢山りますが、 一番カフェインが多く
 含まれていたのが、玉露、その次が抹茶でした。

 妊娠中は出来れば玉露と抹茶は避けた方が
 良いかもしれませんね。

 これは絶対に大丈夫ということではないので
 妊娠中の方は担当の医師の先生と
 相談してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 ■デカフェとノンカフェインの違いって? 

 ノンカフェインやデカフェと表記された飲み物
 を見たことがあると思いますが、
 一体どんな違いがあるのか知っていますが?

 【デカフェ】
 もともとカフェインが入った飲み物から
 カフェインを除去したもの

 【ノンカフェイン】
 もとからカフェインが入っていない飲み物
 
 【カフェインレス】
 カフェインが少しだけ含まれた飲み物

 こんな違いがあるんですね。
 
  

 ■カフェインが少ない飲み物 

 実は様々な種類の飲み物があるんですよ。

  ・黒豆茶
  ・ゴーヤ茶
  ・さんぴん茶
  ・そば茶
  ・タンポポ茶
  ・ルイボスティー
  ・麦茶

  
 などがあります。
 注目はルイボスティー!
 健康茶とも知られていて、美容を気にする人にも
 とても人気があります。

 飲みやすいのも人気がある理由かもしれませんね。

 

 ■スタバでデカフェを飲めるの? 

 スタバでは1種類デカフェの豆が販売
 されています。
 ディカフェコモドドラゴンブレンド
 という豆で、
 生産地は アジア/太平洋。
 
 そして、実はこのコーヒーを店内でも飲むことが
 できるんですよ。
 メニューには載っていないので自分で注文します。

 デカフェのコーヒーと言えば注文できますよ。
 
 ドリップコーヒー HOT/ICED (税抜)

  Short¥280
  Tall ¥320
  Grande¥360
  Venti¥400
 
 カフェミスト(ドリップコーヒー+スチームミルク)

  Short¥320
  Tall ¥360
  Grande¥400
  Venti¥440

 メニューにないので、注文から少し時間がかかります。
 5分から7分くらい待ちますがスタバでデカフェが
 飲めるのは嬉しいですよね!
 
   

 ■まとめ 

 妊娠中の方に好まれるノンカフェインの飲み物
 ですが、美容を考えた女性からも今注目の
 飲み物なんですよ。

 あまり知られていませんが、カフェインは
 シミを増やす原因になるようなんです。

 デカフェはポリフェノールの有効成分は
 はそのままでカフェインだけを除去しているので
 嬉しいですね。

 気にしすぎはよくないですが、
 デカフェやノンカフェインを上手に組み合わせて
 摂取のしすぎに気を付けましょう。

  実はチョコレートにもカフェインは含まれて
 いるんですよ。

 チョコレートやチョコレートドリンクの食べ過ぎ
 ・飲み過ぎにも気を付けてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。