【インフルエンザ】熱が出ない場合もある?病院で検査はしてくれる?

急に熱が上がったり、頭痛や関節が痛く
なると、冬は真っ先に
【インフルエンザ】を疑いますよね。

会社で流行っている、とか
幼稚園や保育園、学校でも毎年学級閉鎖
をしたりと必ずといって流行するインフル。

熱が上がる=インフルエンザ

と疑ってしまいますが、
熱がそこまで上がってないけど、
頭痛や関節が痛い・・・っていうことも
あるんですよね。

熱がない場合でもインフルエンザの場合って
あるの?
潜伏期間ってどのくらい?
病院では、高熱ではなくても
検査はしてくれるの?

インフルエンザを警戒している方は
参考にしてくださいね!

プラズマ乳酸菌とR-1の違いを比較!インフルエンザに効果的なのはどっち?

風邪予防に効果が期待される
乳酸菌。

特にプラズマ乳酸菌やR1は、インフルエンザに
効果的!と言われていて
とても人気がある乳酸菌です。

プラズマ乳酸菌やR-1は
それぞれ乳酸菌に違いがあるのですが、
効果には違いがあるのでしょうか?

よりインフルエンザに効果的なのは
どっち?

たくさんある乳酸菌の中でも
特にインフルエンザに効果が高いと
言われているこの2つの乳酸菌の
違いを比較してみました!

たるみ毛穴を改善する効果的な方法は?開きを治すスキンケアや化粧水も紹介!

たるみ毛穴ってご存知ですか?
35歳を過ぎてアラフォーに突入してくると、
年齢とともになんだか毛穴が目立ってくる・・・
と感じたことはありませんか?

目穴が開いてきたのが原因かと
思ったけど、ちょっと違うみたい。
と感じている方は必見です!

たるみ毛穴ってなに?
改善する方法と、効果的な化粧水を
紹介します!

就寝中の熱中症には意外な落とし穴が!原因と予防対策や症状とは?

就寝時にも熱中症になる可能性があるのを
ご存じですか?

エアコンをつけているから大丈夫!
と安心していませんか?

エアコンをつけていても、就寝時に
熱中症になってしまう意外な落とし穴
があるんです!!

どんなことが原因なの?
予防や対策は?

知っていれば今日からすぐに
対策できます!

就寝中の熱中症の原因や対策について
紹介します!

室内でも熱中症になる原因は?症状となりやすい人の特徴や予防対策を紹介!

夏場はとくに気になる熱中症。

毎年ニュースにもなり、重症化すると
死亡するケースもあります。

真夏に外にいるとなってしまうと
思いがちですが、
外に出ていなくても、室内にいても
熱中症になってしまう可能性があるんです!

熱中症の隠れた落とし穴について
なりやすい人の特徴、症状、対策を
紹介します!

【LG21】と【R1】花粉症に効果的なヨーグルトはどれ?摂取量や食べ方は?

花粉症にヨーグルトがいいらしい!!
と聞いたことはありませんか?

インフルエンザには【R1】
ピロリ菌には【LG21】
プリン体には【PA-3】
とそれぞれ入っている乳酸菌によって効果が
違うのですが、
では花粉症にはどのヨーグルトが
一番効果があるのでしょうか?

おすすめヨーグルトと
効果的な食べ方や摂取量などについても
紹介します!

エルダーフラワーの効能 インフルエンザや風邪予防・花粉症にも効果がある?

最近、インフルエンザ予防に
にR-1やココアがいい!
と話題になっていますよね

実はエルダーフラワーもインフルエンザや
風邪の予防にとても効果があると
言われています。

エルダーフラワーとは?
どんなものなの?

効果や効能など
エルダーフラワーについて
紹介します

インフルエンザA型とB型 症状の違い!両方同時にかかることってある?

インフルエンザの注意報が出されて
今年も猛威をふるっていますね。

インフルエンザのA型とB型。
症状に違いやどんな特徴がある?

かかった場合、辛いのはどっち?
両方同時にかかることってあるの?

一度かかるとその年は
もうかからない?などの

冬に必ず流行るインフルエンザに
ついて詳しく紹介します。

ジカ熱とは 日本での感染危険度は?症状と感染経路、潜伏期間について

最近ニュースなどで聞くようになった
ジカ熱とはどんな症状?

日本で感染してしまう可能性は?
感染経路や潜伏期間は?

爆発的に広がっているジカ熱。
今後も拡大の恐れがあるとして、
エボラ出血熱以来、世界保健機構(WHO)
が緊急事態宣言をしました。

2016年夏にリオデジャネイロで
開催されるオリンピックは大丈夫?

顔の肌が乾燥して痛い!化粧水がヒリヒリしみる時の対策と原因は?

冬は乾燥の季節。
加湿器をつけてもなかなか
お肌の乾燥を完全に防ぐのは
難しいんですよね。

特に、顔のお肌の乾燥は
早めに対策しないと
辛い症状になってしまいます。

化粧水もヒリヒリとしみる
位は結構重症かもしれません。

原因と対策で
乾燥肌を改善しましょう!